三水亭に行ってきました!待ち時間・メニューについても紹介します!

こんばんは。ゆきんこです。

今日の愛知県は、ジャケット1枚で過ごせる春の陽気でしたね。
この暖かさで、桜も大分咲いていて、今週土曜日には満開ではないでしょうか?
愛知県の桜の名所も今週はお花見で賑わいそうですね。

今日は、おばあちゃんと家族でお出かけする日でした。
おばあちゃんのリクエストが「うなぎが食べたい。」との事でした。

くまさん
うなぎといえば、西尾市一色町!行こう!

そのうちの一軒である「三水亭」に行ってきたため、紹介します。

 

スポンサーリンク

店名・場所・アクセス方法

店名:『うなぎ割烹 みかわ三水亭』
住所:愛知県西尾市一色町坂田新田西江95-10
営業時間: ランチ:11:00~14:00、ディナー:17:00~20:00
定休日:水曜日
アクセス方法:名鉄西尾線 吉良吉田駅(約5km)
※駐車場が50台あるため、車で行くことをオススメします。

愛知県でうなぎといえば、西尾市一色町が有名です。
その本場で食べれるうなぎのため、三水亭周辺にはうなぎ屋がたくさんあり、
うなぎロードとなっています。

また、三水亭は滝付きの大きな庭園があります。
鯉も泳いでいます。

待ち時間について

11:15頃に到着しましたが、何と25組並んでいました(゜o゜;)
開店前から来て待っている人がいたとの事です。

くまさん
どれくらい待ちますか・・・?

聞いたら、「約1時間半から2時間です。」との回答が!!!

家族と相談し、庭園を見ながら待つ事にしました。

そして、1時間15分後に名前が呼ばれて入店しました。

メニューについて

メニューは、うな丼、うな重、ひつまぶしが置いてあります。

単品だと、蒲焼き、白焼き、うまき、肝焼き、うなぎの干物が置いてあります。

また、平日だと御膳等がありますが、現在はお休みとの事です。

今回、私はうな重を注文しました。(逆光で見えづらく、すみません。)

夫は特重、おばあちゃんはひつまぶしを注文しました。

感想は、うなぎがとっても肉厚で脂が乗っていてとても美味しいです!!
また、セットに肝吸い、デザートまで付いてきています。

これでお値段が、うな重だと2,550円(税込)で、
ひつまぶしだと2750円(税込)
です!!

名古屋市内でひつまぶしを食べるとデザート無しで3,000円以上はするため、
非常にお得ですね♪

うなぎの生産地である一色町で提供するため、運搬費等が抑えられて
お値打ちに提供できるのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

是非、愛知県のうなぎの生産地である西尾市一色町のうなぎを
生産地で食べてみて下さい。

家族連れで岐阜や三重からも来ていました。

他の店舗も気になったため、行く機会があれば行ってみたいと思います。

では、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサードリンク