ハリー王子とメーガン妃の結婚式のウェディングケーキについて調べた

今日は、先週結婚式を挙げられたハリー王子とメーガン妃の中継を録画したものを見ていました(笑)

やはり、ロイヤルウェディングは素敵だな~と思って、ほっこりした気持ちで見ていました。

 

結婚式といえば、ウェディングケーキも気になりますよね。

 

今回は、ハリー王子とメーガン妃のウェディングケーキについて調べてみました。

 

 

ハリー王子とメーガン妃のウェディングケーキについて

お二人のウェディングケーキは、ロンドンに拠点を置くクレア・プタックさんが担当されました。

そして、出来上がったウェディングが発表されました。

 

▼それがこちらです。

引用:Kensington Palace 公式SNS

 

 

高さはありませんが、美しく、アットホームな結婚式にしたいというお二人の思いが込められているケーキとなったのではないでしょうか。

 

 

ウェディングケーキの詳細について

このウェディングケーキは、6人の職人が5日間かけて準備した大作のバタークリームケーキとなっています。

 

また、材料にはイタリアのアマルフィ産のレモン200個、オーガニックな卵500個、20kgのバター、20kgの砂糖、ヨーロッパ原産のエンダーフラワーシロップ10本を使用、そして150本の花が飾られています。

 

ロイヤルウェディングともなると、やはり規模・期間がすごいですね・・・(゚д゚)!

 

 

クレアさんがロイヤルウェディングケーキを制作している動画もイギリス王室の公式Twitterで公開されています。

動画はこちらから見ることができます。

 

ロイヤルウェディング効果もあり、現在アメリカではバタークリームケーキが人気になっているとの事です。

 

 

まとめ

ロイヤルウェディングケーキの制作規模に圧倒されましたが、 美しいクレアさんのケーキが注目を浴びています。

日本では買えませんが、是非写真等で美しいケーキの数々を見てみて下さい(^^)

 

では、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。