ホアキン・フェニックスの兄弟や私生活は?主演映画についても

本日、アメリカではゴールデングローブ賞の授賞式が開催されます。

今回のゴールデングローブ賞で、特に注目している俳優がいます。

 

『ジョーカー』でアーサー=ジョーカーを演じたホアキン・フェニックスです。

今年のアカデミー賞受賞も有力視されている俳優です。

ホアキン・フェニックスの兄弟、私生活、主演映画について調べてみました。

 

 

ホアキン・フェニックスについて

ホアキン・フェニックスについてです。

本名:Joaquin Rafael Phoenix
旧姓:Joaquin Rafael Bottom
誕生日:1974年10月28日
出身地:プエルトリコ サンフアン
国籍:アメリカ合衆国

今回、ホアキン・フェニックスが演じたジョーカーは、バットマンに登場する架空の怪人です。
今までに、名優ジャック・ニコルソン、「ダークナイト」でアカデミー賞助演男優賞を受賞したヒース・レジャーなどが演じています。

ホアキン・フェニックスの兄弟について

ホアキンは、5人兄弟の次男として誕生しました。

ホアキン以外の兄弟である兄のリヴァー・フェニックス、妹のサマー・フェニックスも俳優、女優として活躍。

特に、兄のリヴァー・フェニックスは、1988年の18歳の時に出演した『旅立ちの時』でアカデミー助演男優賞にノミネートされ、一躍スターとして脚光を浴びました。
また、1991年の21歳の時に出演した『マイ・プライベート・アイダホ』ではヴェネツィア国際映画祭の男優賞を受賞しました。

端正な顔立ち、確かな演技力で人気俳優となりましたが、1993年に23歳の若さで薬物中毒で亡くなりました。それもホアキンの目の前で。

妹のサマー・フェニックスも女優として活躍、元夫は2016年の『マンチェスター・バイ・ザ・シー』でアカデミー主演男優賞を受賞したケイシー・アフレックです。

ホアキンは、一時期は兄の死に対するマスコミの取材に嫌気がさして俳優業から遠ざかっていましたが、復帰をして俳優としてのキャリアを積み重ねていきました。

ホアキン・フェニックスの私生活について

ホアキンには婚約者がいます。

婚約者は、映画『ドラゴン・タトゥーの女』で主演を務めたルーニー・マーラです。

2人は、2016年の映画での共演したのをきっかけに交際を始め、2019年5月に婚約しました。
この時、ホアキンは44歳で初めて婚約しました。

その後、授賞式にもルーニーを連れて行くなどオープンな関係ですが、私生活についてはあまりメディアでは話はしません。

プライバシーがないハリウッドでは、私生活をオープンにせず、家族との時間をゆっくり過ごしたいですよね。

ちなみに、子供はまだいません。

 

ホアキン・フェニックスの主演映画

ホアキン・フェニックスの特に有名な主演映画を紹介します。

①ウォーク・ザ・ライン/君につづく道
「キューティーブロンド」シリーズのリース・ウィザースプーンがアカデミー賞主演女優賞を受賞した作品です。

この作品で、ホアキンはゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされました。

カントリー・ミュージシャンのジョニー・キャッシュの伝記映画です。

②ザ・マスター
第2次世界大戦直後のアメリカを舞台に、新興宗教の教祖とその弟子となった男の関係を描いています。

この作品でホアキンは、ヴェネツィア国際映画祭男優賞を受賞するなど、数々の映画祭で賞を受賞しました。

まとめ

アカデミー賞の前哨戦であるゴールデングローブ賞での受賞式が楽しみですね。

『ジョーカー』での演技が好評のホアキン・フェニックスが久しぶりに受賞し、アカデミー賞でも受賞するか注目ですね。

 

では、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。