チャールズ皇太子がコロナに感染!感染場所や健康状態についても!

世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が収まりません。

昨日、2020年の東京オリンピックの開催の延期もIOCと日本政府の話し合いによって決定しました。

いつ新型コロナウイルスは終息するのか、自分もいつ感染するのか、不安な日々を過ごしながら皆さん生活しているのではないでしょうか??

 

また、著名人の新型コロナウイルス感染も日々発表されいて、ハリウッド俳優のトム・ハンクスさん、日本だと志村けんさんなどが感染した事を発表しています。

 

そんな中、今日イギリス王室のチャールズ皇太子も新型コロナウイルスに感染して陽性反応を示した事が発表されました。

わんわん

チャールズ皇太子も!?チャールズ皇太子って結構な年じゃない?

 

・チャールズ皇太子が新型コロナウイルスに感染した場所

・チャールズ皇太子の容態について

調べました。

 

 

イギリス王室のチャールズ皇太子が新型コロナウイルスに感染

 

このニュースが報道されると、

・チャールズ皇太子の容態は大丈夫ですか?心配・・・。

 

・エリザベス女王には影響ないんですか?

など、チャールズ皇太子の容態を気にする投稿が多く見られました。

 

 

チャールズ皇太子は現在71歳とご高齢で、イギリスの王位継承順位第1位です。

 

チャールズ皇太子はほぼ毎日のように公務をされています。

また、現在93歳である母親のエリザベス女王の代わりに、外国の主要のおもてなしなども代理で務める事もよくあります。

一体どこで感染したのでしょうか・・・?

 

チャールズ皇太子がコロナウイルスに感染した場所

イギリス王室の声明によると、チャールズ皇太子はここ数週間で公務として多くの人と関わっていました。

チャールズ皇太子は専門家の勧めで、公務中の握手もやめ、握手代わりに手を合わせて頭を下げる様子が報道されていました。

対策をしながら公務をされていたため、誰からもらった新型コロナウイルスに感染したのかを突き止めるのは不可能と発表しています。

 

 

3月22日、モナコのアルベール2世大公が新型コロナウイルスの陽性反応があった事を発表されています。

ちなみに、アルベール2世大公の母親はあの伝説の女優で、モナコ公室に嫁いだという異例の経歴を持つグレース・ケリーです。

 

アルベール2世大公の感染経路も不明です。

しかし、アルベール2世大公は感染発表する1週間前に、イギリスで行われたチャリティに出席されていたことが明らかになりました。

そして、そのチャリティー会場にはチャールズ皇太子もいました。

 

もしかすると、そのチャリティーで2人は感染した可能性があります。

2人が出席されたチャリティーは恐らく世界各国の主要人が何人も参加されているため、他の出席者も感染している場合、そのチャリティー会場でクラスター感染が発生したのでしょう。

 

ヨーロッパでは王室は国の揺るぎない象徴のため、王室内で感染が拡大しないことを祈ります。

 

チャールズ皇太子の容態について

チャールズ皇太子の容態は、新型ウイルス感染症の軽い症状を示していますが、良好な健康状態を維持しているとのことです。

また、チャールズ皇太子の現在の妻であるカミラ夫人も検査しましたが、陰性でした。

 

また、エリザベス女王とチャールズ皇太子は12日の朝に面会して以降は会っていなく、エリザベス女王は現在健康であると発表されています。

 

チャールズ皇太子も70歳台と高齢のため、現在はスコットランドのバルモラル城に政府や医療機関の指導に従って過ごしています。

 

 

しかし、いつのタイミングで発症するかわからないのが新型コロナウイルスです。

エリザベス女王や他の王室メンバーが陽性反応であるかが今後注目です。

 

まとめ

3月に次男ハリー王子とメーガン妃がイギリス王室からの公務を退くという重大な時で色々と忙しい中でのチャールズ皇太子の感染発表。

早く良くなって元気な姿を見せてほしいですね。

また、孫たちと一緒に写真に写って元気な様子を発信してくれることを楽しみにしています。

 

チャールズ皇太子の陽性反応で、ウィリアム王子とキャサリン妃の公務が増えそうで2人もいつ感染するかわかりません。

今後は必要以上の公務は取りやめになるかもしれません。

早く新型コロナウイルスが終息してほしいですね。

 

では、最後まで読んで頂き、ありがとうございます。